「バシャール」ワクワクと考え方

 

「ワクワク」 この言葉、皆さん最近いつ使いましたか?

僕はですね……全然思い出せないですね 笑。  あ、多分昨日心の中で使いました。

 

心の中の高鳴る気持ちを表しているこの「ワクワク」という言葉。これについてよく言われているのが、「バシャール」です。皆さんおそらくご存知ですよね。

知らない人のために簡単に紹介します。

バシャールとはエササニという星からダリル・アンカさんという人がチャネリングを通して地球人に、アドバイスしてくれている存在さんのことです。

 

「宇宙人」やら「非科学的」とかの偏見で、なかなか受け入れられない人や、信じない人もいますが、”本当”なのか”嘘”なのかは別として行っていることがもっともらしく、本質を突いていると思うので紹介します。(自分の意見を持つこと、少しは疑って自分で考えて見ることも大事です)

バシャールの本。ペーパーバック①から⑧まであります。お気に入りは⑥です^^


バシャールが入っていることは「引き寄せの法則」のような、願望実現法だったり、今の地球人の波動から、これから先どのような変化が起こるかを教えてくれたりと様々です。

 

僕の周りで、バシャールを知っている人はそんなにいません(……おっかしいな〜、有名なはずなんだけど 笑) 家族くらいでしょうか。

 

しかし、知らなかった人がバシャールを知ればきっと今までにない知恵が得られると思います。地球人じゃないだけに、また、地球よりも文明が進んでいる人たちのいうことなので、なかなか斬新だと思います。

 

あまりにも情報量が多いので、僕が印象に残っていることをほんの少し。


1つ目 やっぱりこれは外せません

「ワクワクに従って生きること」

ですね。

 

なぜワクワクがいいのか?それはワクワクという感情は豊かな人生や充実感、幸福をもたらすことを引き寄せる羅針盤のようなものだからです。

 

よく漫画の台詞や歌の歌詞なんかでもありますよね

「心の声を聴け」とか「心のコンパスに従え」とか。

 

「ワクワクに従って生きる」というのは「自分がやりたいことをする」ということです。こういうことがしてみたい、こういう体験、経験ができたらいいな と感じることをとにかくやるんです。

 

これは何か大きな夢や目標があって、それをするということももちろん含まれますが、それだけではなく、”小さなことも” です。

 

例えば今日はあのパンが食べたいとか、あの映画見たい、あの音楽聴きたい、ゲームしたい、ちょっ走ってみたい、誰かと会いたいメールしたい など どんな小さなことでもワクワクした時にやることです。

 

それをしている時の状態は、それに没頭している、集中している状態、よく言われる”今に生きる”状態です。

 

何か過去のことで後悔していたり未来のことで心配したりするのは「心ここにあらず」の状態です。エネルギーの無駄遣いです。エネルギーは常に意識している方向に流れているので、ワクワクに意識を向けるようにします。

 

それに、「ワクワク」は最も願望実現に適しています。結局は「引き寄せの法則」で言えば、自分が未来を創造していることになり、それに関係しているのが、常日頃の自分の”感情”というわけです。

 

「あ〜明日から学校だ」とか「仕事嫌だな〜」と感じている状態では法則的に考えて状況はよくならないですよね。1日どれだけいい気分でいられるかがおそらく1番大事だと思います。

 


2つ目は

「選択するときの基準」

です。

 

この基準というのは もうお察しの通りどちらがワクワクするか、楽しいかです。

「親に言われたからこっち」とか、「誰々がこうだからこっち」とかではなく、「自分はなんとなくこっちがいいな〜」とか、「なんだかこっちの方がいい気がする」とかです。

 

この”なんとなく”も大事です。直感というのは、人の考えられることの範囲外から来ているので絶対です。

 

こういうのは女性の方が得意なのかもしれないですね。フットワークが軽く、感覚で捉えているからです。

 

しかし男性は、理論的に頭で考え、損得で判断し出すんですよね 笑 これはもう考えてしまっているので直感ではありません。

 

頭で理論的に考えることが決して悪いことではないので一概にこれはダメとは言えませんが、今の世の中は完全に男性脳、左脳社会と言えます。だってワクワクする理由って理論的ではないし感覚から来てますよね。

 

考えることも大事ですが、この”なんとなく”や”気がする”も大事です。左脳、右脳どちらかに偏るのではなく大事なのはバランスです。

 

もし、選択肢がどちらも同じワクワク度ならどちらが行動に移しやすいか、です。もちろん本心から望んでいる方で。

 


3つ目は

「Circumstances   don’t  matter,  only  state  of  being  matters .」

「状況が問題なのではない、自分の在り方が問題だ。」

です。

…なんで英語で書いたかというと、よくバシャールの動画で見ていて覚えてしまったからです 笑

 

これは今どんな悪い状況だったとしても、それを変えるには自分の心の状態が良い方向にフォーカスすることが大事ということです。

 

「やばい!」と思っている時、感じている時はそれに集中しているので、ある意味”今”に生きていますね 笑 でも、意識を向ける方向は常に、プラスの面です。

 

そういう時こそ、一歩引いてみて、落ち着いて、意識の方向を変えます。心配するなんて勿体無いってことです。

 

意識を向ける際、イライラしたり不安に感じている時はピンポイントでその感情にエネルギーが乗ります。なのでそれをうまく反転させることです。

そうゆう状況に陥った時思い出してください。

「Circumstances   don’t  matter,  only  state  of  being  matters .」

焦らなくても大丈夫です。

 

これはほんの一部なので興味があれば「バシャール」調べてみてはいかがでしょうか。
バシャールのワクワクの使い方・実践篇  


皆さんはワクワクすること、していますか?

 

これは僕の持論なので真に受けず、サラッと流して欲しいのですが、世の中で今いろんな問題が起こっているのはその理由の1つに「ワクワクすることをしていないから」というのがあると思うんですね。

 

ワクワクすることをして生きて幸福感、充実感を感じている人がうつ病になったりするでしょうか? 暴力や殺人など起こるでしょうか? 仕事や人の文句、悪口を言ったりするでしょうか? 虐待とかあるでしょうか?

 

きっとないですよね。もちろんこれだけが理由だとは思いませんし、何かもっと人の理解を超えたところからの理由があるかもしれませんが、絶対にないとも言えないと思うんです。

 

人は本来、支え合って生きて行く生きものだと思うし、僕は「幸せ」は分け与えるものだと思っています。自分を犠牲にするのではなく、まずは自分が幸せになる必要があります。そして溢れた分を人に分けてあげるというのが本質だと思います。

 

そのためには「ワクワクです。自分のしたいことをして幸せや充実感、高揚感を感じることです。

 

もし何か問題が起こってもワクワクしてることの中の問題なら、必死で頑張って努力して、ではなく、ちからをぬいて、リラックスして、落ち着いて捉え、いい感じの人生の試練と考えることもありです。

 

みなさんのワクワクすることは何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)