シード・オブ・ライフ(ベクトル平衡体)の工作②

 

 

今回は一辺が綿棒4本でできたベクトル平衡体の作り方です。

一辺一本の作り方はこちら

丸みを帯びた形。 かなり見た目は違って見えます。

 

少し手間がかかり、

集中力も必要としますがなかなか面白いので是非挑戦しましょう!

 

用意するものは前回と同じですが今回は、

 

綿棒をベビー用の物にします。

普通のサイズでもできるのですが、少しかさばるので細いものを使います。

ちなみにダイソーに売ってます 笑

 

さて、………何本必要でしょうか? 一辺が綿棒4本です。

 

 

笑。

 

前回と4倍の数が必要になります。36 × 4 で 144本。

この144という数字もよく目にしますね。 非常に興味深い。

 

それではいきましょう。

 

 

まず綿棒3本でこの形を作りす。36セット。

 

綿棒は缶や瓶などの丸みの帯びたもので丸く曲げていきます。

 

 

 

そしたら並べてみましょう。

ちゃんと綺麗になっているかどうか確認。

そしたらボンドでくっつけていきます。

 

 

まずはこの三角を5つ。

 

ここでも均等さを意識しましょう。

 

 

そしたら3つの三角をくっつけます。

中心が綺麗になるように。

 

 

それから3つの辺をつなぎ、フラワーマークの完成です。

 

ここでも中心とそれぞれの端の感覚が均等になるように意識。

 

 

固まるので少し時間がかかるのでその間に 4本一体の辺を作ります。

 

 

 

こんな感じで何かのくぼみに入れて

 

 

4本目を上部に乗せる形でくっつけていきます。

18セット。

 

 

そして完全に固まればフラワーマークと三角をひっくり返します。

 

 

一つの三角を残し、上部に4本目をつけていきます。

一つ残したのは全体を逆さまにした時、支えるのに安定するからです。

 

ここからは前回の作り方と同じですね。

 

 

3箇所にそれぞれ3辺を立たせます。

 

 

そして、まだ3本辺の三角を先につけます。

そしたら安定して支えることができます。

 

 

 

そして先ほどと同じです。

 

そして最後にまた逆さまにして

最後の4本目を加えて完成です。

 

 

 

 

 

ん〜美しい。

時間がかかりますが、なんか満足感はありますね 笑

ゼロポイントの部分は何か宇宙を感じるきが………しませんか?笑

 

 

 

影で見るとこんな感じです。

 

角度を変えるをとまた面白いですよ。

フラワーオブライフ」の記事でも紹介しています。

 

是非作ってみてくださいね ^ ^

2件のコメント

  1. ここの作品をみて自分も作っています。
    とても役に立ちありがたいと思っています。
    ところで、マカバとベクトルの組子を
    過程から載せていただくことはできますか?
    マカバ、ベクトルは単体では作れますが
    組子になると、何回作っても別物になってしまいます。
    制作過程を教えていただけたらと思いました。
    よろしくお願いします。

    1. コメントありがとうございます^^
      ベクトル平衡体とマカバの組子は一見難しいようで見る角度次第では非常に簡単に作れます。
      ここで大事なのは二つは全く同じ構造だということです。
      どちらも辺の数は同じ。正四面体の集合体である点も同じ。フラワーオブライフの立体構造で言うと一段の差があるかないかです。
      その点を考えてまた作っていただけたらと思います。
      もうしばらくしたら公開しますが、自分で作ってみて本当にわからなくなった時にみていただければと思います。
      そのほうが絶対に楽しいですよ^^
      ブログ見ていただきありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)