あなたのアイデアは誰のもの?

この記事のタイトル、意味わかりますか?笑

 

この考えは今までのブログに書いた内容を踏まえて書いています。

この世は全て自分の創造である という考え方

すべてのものは生きているという考え方

 

自分の考えや、ふと思いついたアイデア。

それは一体どこからくるのでしょうか?

 

「直感」というものがありますよね。

 

ある時、ふと頭に浮かんだ。 なんだかわからないけどそんな気がした。

……みたいなものです。

 

なぜ、ふと思いつくのか。

そもそもその「考え」はというもの それは頭の中で作られたものなのか?

 

今回は、人の「考え」がどこからくるのか……?

について考えてみたいと思います。


 

何かに対し、「第一発見者」 「発案者」 「発明者」 「第一人者」

という人がいますよね。

 

初めて〜した人 という感じです。

今回は「成し遂げたこと」というよりも「アイデア」に焦点を当てます。

 

その「アイデア」は本当にその人が作り出したものなのでしょうか?

 

……こんなことを言うと、怒られそうです 笑

(でも「ちからぬく」では許される 笑)

 

どういうことなのかということをこれから説明します。

 

有名なのが

100匹目のサル現象というものです。

 

これは、日本のある島のサルが、芋を水で洗って食べるということを始めます。すると、他のサルも真似をしてその島全体のサルが芋を洗い始めました。

 

面白いのはここからです。

 

なんとその島ではなく、本州のサルも芋を洗って食べるようになったという話です。

 

接点がないのに、遠く離れた場所で同じことが起こっている ということですね。

 

調べると この「100匹目のサル現象」、実際には存在しない話だったりするみたいなんですが、まぁ、今回は置いておきましょう 笑

 

ここで言いたいのは、直接的に繋がっていなくてもあるところでは繋がっている。

ということです。

 

それは?  潜在意識 です。

 

 

よく、氷山の一角と言われる顕在意識は、全体における割合でわずか1割未満と言われています。

 

残りの潜在意識、無意識の範囲で全ての意識は繋がっています。

 

以前のブログにも書いた、

「ワンネス体験」をした人ならわかるかもしれません。(……してみたいな〜)

 

超意識や、宇宙意識とか言われています。

 

全ては繋がっている

 

こうなってくると、自分が思いついた「考え」というのは、自分が思いついたのではなく、

もともとあったものを拾って「思いついた」と思っているだけなのかも…

…っといった具合に。

 

 

科学技術や、数式、その他考えも、もともとは存在していて、

それを見つけてもらうのを待っている。  という考えです。

 

ここでのポイントは 全てが最初から存在している

 

というところです。

 

 

こう考えてみてはどうでしょうか。

 

人の脳が電波の送受信機のようなもので、それを受信できる人が「アイデア」をキャッチすることができる。

 

とすると、受信者は決して一人ではないということにもなると思います。

 

同じような受け皿を持った人は同じような情報をキャッチする。

 

ふと思いついたアイデアも、放っておけば他の誰かがそれをし始める。

 

「あ、これ面白いかも!」

 

といったことは、思い立ったが吉日ですぐに行動に移すべきなのです。タイミングも完璧でしょう。

 

早くしないと、他の誰かに先を越されてしまいます 笑

……まぁ、競っても仕方ないのですが、逆に言えばそれが実現可能だからこそキャッチできたのです。信じましょう!

 


潜在意識の奥深くは繋がっているので、誰か一人が何かしらの変化を伴えば

やがては全てに広がっていく。といった感じです。

 

アイデアはもともと宇宙に存在していて、それを受信者である人がキャッチする。

 

………と、なると

 

送信者もどこかにいるかもしれないですね 笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)