Santiago de Compostela ①

キリスト教の三大巡礼地の一つであるスペインのガリシア州 サンティアゴ・デ・コンポステーラに行ってきました。

今回はこのサンティアゴ・デ・コンポステーラのことについて書きたいと思います。

(写真多めです)

 


そもそもなぜスペイン? しかもバルセロナやマドリッドではなく。。。

これについては少し前の記事でちょこっと書きましたが 、shunの「ちからぬくイラスト」が出展されたからです。

「美と創造の巡礼展」ということで出展することが決まったのは去年の10月あたり。

スペインと言えば僕の中ではバルセロナの「サグラダ・ファミリア」という印象があったのでワクワクしましたが、今回行ったところはガリシア州の「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」。

スペインに旅行に行く! となってもなかなか選ばれることの少ない所だと思います。

ここに行く人はそれこそ巡礼する人でしょう。

先ほども書きましたがここはキリスト教の三大巡礼地一つであり、キリスト教の人からすればまさに聖地。(ちなみに残り二つはエルサレムとバチカン)

そして巡礼の最終地点でもあります。

「絵が出展される」という理由がないときっと行くことはなかったと思います。

しかし、これもご縁。「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」に呼ばれていると思って行くことにしました。

それに「美しい緑の星」の監督であるコリーヌ・セローさんの映画で「サン・ジャックへの道 」という映画があります。(「美しい緑の星」の記事はこちらから) 

この映画を見ていたから。という理由も大きいですね。この話もすごく面白いのでぜひ見てみてください^^


飛行機で日本からサンティアゴ・デ・コンポステーラに直行便はなく、スペインのマドリッド経由で行くことができます。

今回はさらにフィンランドのヘルシンキ空港を経由して行ったので空にいる時間がかなり長かったです。

時間は20時間以上はかかったかな。それでも飛行機って全然飽きないですね。

楽しい笑


 

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街。

全て石造りの街並みで、まるで「ハリーポッター」のダイアゴン横丁のような。

 

綺麗ですね。

雨が多く石畳に反射した光がなんとも。

一日のうちに雨は数回降る気候。すぐにやみます。現地の人はレインコート常備してるみたい。

寒暖差もあり朝夕、雨の時間は肌寒いです。

 

 

絵が出展されたのは「エウヘニオ・グラネル財団美術館」。

芸術家のエウヘニオ・フェルナンデス・グラネルの美術館です。

 

 

こんな感じで展示されていました。日本から多くのアーティストが出展されています。

やっぱりアートっていいよね。

今回出展した「ちからぬくイラスト」はまたの機会に。(個展などの機会があれば)

 


そしてサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂。

これは圧巻でした。

大聖堂の前には巡礼を終えて記念撮影をする人が大勢集まっていました。

サンティアゴデコンポステーラの巡礼者は何十日もかけて巡礼し、ここに集まってきます。

抱き合う人や涙を流す人も。

そして、写真撮影を求められることもたくさんありました。

(ま、僕は巡礼してないのですけども笑)

いつかしてみたいですね。巡礼。

 

大聖堂の中にも入ることができます。

今回は残念ながら大聖堂の中は工事中でしたがそれでもこの石造りの巨大な建造物が何世紀も前に作られたのは驚きです。1000年以上もあるわけですから。

 

 

この大聖堂はイエス・キリストの十二使徒の一人である聖ヤコブの教会です。

中央には聖ヤコブの像があり、背面から抱擁してお祈りして、といった人たちもいました。(ま、僕もしたのですが笑)

涙を流している人も何人かいました。

そしてここではボタフメイロという大香炉を釣り上げて大きく揺らす儀式があります。

今回は工事中だったため見れなかったのですが、この動画のように大聖堂の端から端へいっぱいに揺らします。

なんでも巡礼者の汗の匂い対策に始まったのだとか。

ミサの日に見ることができます。

 


そして大聖堂の隣にあるParador Hostal Dos Reis Catolicos 

少しお高いですがここに一泊しました。

 

入り口にも美しい彫刻があります。一番下の両端の二人はアダムとイブ。

中央に並ぶ十二人は十二使徒のようです。

これだけでもずっとみてられますね。この精密さは素晴らしい。

このホテルはもともと巡礼者のために建てられた病院らしいのですがホテルとなっていて、中はまるで宮殿のように綺麗な造りをしています。

 

大聖堂を窓から見ることができました。

美しい。。。

 

このホテル自体が観光地みたいになっている感じです。

長い歴史を持つホテルだけに見所は多いです。

 

夜の街の様子もとても綺麗でした^^

 


 

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路はユネスコの世界遺産に登録されています。

そして巡礼路で世界遺産はもう一つありますよね。

日本の熊野古道です。

(ここにもスペインの旅行の後で行くことになるというシンクロっぷり)

 

これは熊野本宮大社の八咫烏。

熊野古道の最終地点の和歌山県とサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路の最終地点であるガリシア州は姉妹道提携しているみたいです。

 

シンクロだらけの日々に驚かされます。(というよりも気づけるようになったというべきか。)


と。

ここまでは普通の旅行の話。

僕にとって今回の旅行が少し違った意味で特別に感じたことがありました。

それは 幾何学です。

 

幾何学探求中である僕にはかなり面白かったです。

これについては長くなってしまいますので次回にします。

お楽しみに^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)